投稿

注目の投稿

天てれ2009の夏イベは10年経った今のほうが胸に刺さる。

みなさんどうもこんにちは。

先日、NHKEテレの「お願い編集長」にて 2009年放送の「ETV50天才てれびくんMAX Dreaming 〜時空をこえる希望の歌〜」が再放送された。筆者は放送当時9歳だったのだが、この夏イベの記憶は未だに残っている
そして10年経った今、18歳の私が再び視聴し思った感じたこと書いていく。

あらすじ (以下引用)
舞台は2009年の現在世界と、150年後の未来世界――――
未来世界の子どもたちは、自由に“将来の夢”を持つことが禁止されていた。
『夢を追いかけたところで、結局は失敗に終わって苦しむだけ。
ならば、はじめから夢をもたない方が幸せだ』という世界。
こんな世界を作り出したのが、悪の政府軍。スーパーコンピューター“ゼロ”を使って、
子どもたちの日常生活から将来の職業まで、徹底的に管理していた。
しかし、その本当の目的は、夢を持たない従順な人間社会を作り出すことだったのだ。
そんな未来世界を変えようと、政府軍と戦っていた反乱軍のリーダーは、
ある時、現在世界のてれび戦士たちに助けを求める。
未来世界にやってきたてれび戦士たちは、果たして、反乱軍と協力して政府軍と“ゼロ”を
打ち倒し、子どもたちが自由に夢を持てる世界を取り戻すことができるのか!?
(引用ここまで)


物語のテーマ
子供向けで「夢」をテーマにすることはよくあるものなのだが、今思えば「夢」をテーマにしたものって子供の時より大人になってからのほうが心に刺さるんじゃないのかと思う。
特に夢を諦めた若しくは諦めかけている大人の心を貫く。
正直言って筆者である私もその中の一人だ。 
子供の時はどんな弊害も考えず好きに夢を描いていた。
しかし時が経てば経つほど経験による知識や立場、環境でその夢を諦めざるを得ないことが出てくる。
そんな中、子供たちに「夢」を語られるとなかなか考えさせられるものがある。
それはプラスな面においても、マイナスな面においても、だ。
 あの時自分はちゃんと夢を持てていたのだろうか、今の自分はどうであろうか…。

出演者から伝わる夢  今作は2009年度のてれび戦士、2009年度MCの照英、西山茉希、にしおかすみこ、そして今回はETV50周年記念ということで、元てれび戦士の前田公輝、中田あすみ、大沢あかねが特別ゲスト出演している。(敬称略)

 まずはゲス…

お久しぶりです!

更新休止していたのになぜか毎日何かしら見られている、でお馴染み「電卓の計算記録」です。

今までずっとはてなブログで更新していました↓
http://calculator.hatenablog.jp/

このブログもどうしようかと思っていたんですが、これからこのブログは好きな番組の感想を書くブログに変えたいと思います。

それに伴ってブログタイトルも変えようと思います。
まだタイトルは決まってないですが…。

とりあえず、これから復活しますのでよろしくお願いします!


でんたく

お知らせ

お久しぶりです。でんたくです。

全く更新しておりませんでしたが、この度ブログを移転することになりました!

理由としましては、更新するのがシステム的に面倒だったからです。

まあ、とりあえずやってみよう精神で立てましたので、いつかは移転するつもりでした。

半年ほどでしたがbloggerにはお世話になりました。


次にお世話になるのは、天下のはてなブログさんです。

スマフォにも対応しているようなので更新頻度も高くなる予定です。


ブログ開始半年にして本格始動でございます!!!

はてなブログでもよろしくお願いいたします。

なお、このブログはこのまま残しておくつもりです。


↓New blog↓

http://calculator.hatenablog.jp/

もしも英語が壊滅的な高校生が英検の過去問を解いたら

イメージ
私は英語ができない。

どれほどできないかというと…

学年偏差値で30を下回ったくらい出来ません。

そんなでんたくですが、10月に英検準二級を受けることになりました。

受かる気は毛頭ないです。

だけれども、

学生の仕事は勉強じゃないですかあ!!!


過去問やるぞ。

過去問を解いてみた 2010年の問題です。
「さあて、どんな問題かなぁ〜?」
パラッ…




なるほど、わからん。



これはまずい。





結果
40点中

19点



頑張ろう…。

学生の試練

どうもこんにちは、でんたくです。

いやぁ…本当に…

宿題が終わらないんですけど!!!

キレそう()

あと英語のワークと家庭科の宿題で終わるんですが、まあものすごく面倒なものを残してしまったなあと。

なのにテレビ見たり絵描いたりしてしまってるわけですよ。

夏休み言うても謎に忙しい。

本当に暑さも相まってイカれそうです()


話は変わりますけど今日から夏コミですね!

一度でもいいから参加してみたいですなぁ。

参加する人は熱中症に気をつけて、楽しんでください!


では、今回はここまで。

お前はこの数週間何をしていたんだ?

はい。

全然更新してませんでした。

夏休み入ったのに。

だってさ…

全然休みじゃないじゃないですか!!!(涙)


夏休みっていうのは授業が休みになるだけであって我々は全然休めないんですね!わかります()

明後日くらいからは時間ができそうなので更新また再開しようと思います。

なんだったら毎日更新してもいいんですよ!?(言うだけ言う)

では、また落ち着いたら!

でんたくでした!

ド・モルガンの法則()

イメージ
どもども、でんたくです。


早速ですが、私はコミュ障です。

機械的には喋れるけど他愛ない会話ができないのです。

話そうとするとどもっちゃうんですよ。
これをド・モルガンの法則と言います。


そんな私ですが、学校の行事の関係で企業にインタビューをするというものがあり、企業に電話を入れないといけないのです。

さて、どうしよう。

電話をかけるまでのでんたく
「あのさぁ、電話とか無いぞー。無理無理。このわっしが電話!?爆死確定じゃん」

という会話を一人でしていました
しかもまあまあ大声で。親に聞かれてませんように。

「まあ、いつかはやらないとな。嫌なことは早く終わらせるタイプだから。かけるか!」

と、かける決心をしてから子機を取るまで20分を要しました。チキン乙。

そして、ようやく子機を取りました。

「おっしゃ、やるぞ」

電話番号を押し、確認をしました。
その確認に要した時間、およそ10分
ここまで30分を無駄にしています。

そこから外線ボタンを押すのに5分。

ポチっ

ああああああ押してしまったああああああああああ!!!!!!!

プルルルルルルルルルル

繋がってしまったあああああああああああ

ここから先はあまりの緊張で記憶が曖昧です。
訪問日時と担当者の名前は記録しました。


ここで改めて分かったのが、

コミュ障ってメリットなしだね

って言うこと。

もし同士がいるのなら、一緒に頑張ってコミュ障直しましょう!

次はインタビュー本番!
逝って行ってきます!


ではでは!